弔辞の代筆サービス専門 弔辞の森

コロナ禍における葬儀で扇風機が活躍する

time 2021/04/15

今回は葬儀屋さん向けの内容です。

 
もう十二分にご存じでいらっしゃると思いますが、今のコロナが蔓延している中での葬儀には、三密を防ぐ施策が必須です。

 
密集、、、はどうやって避けるんでしょうね。難しいですね。

密接、、、は皆様にご理解をいただく形で可能になります。

 
密閉、、、は窓全開、扉全開で解決しそうではありますが、どうしても人が多い空間ですと、窓・扉を開けていても空気が通らないというか、そこに滞留したままになってしまう可能性があります。

換気をする必要があり、換気と言えば換気扇、そして扇風機です。

換気扇はなかなかね、斎場に設置しまくるわけにもいきませんが、現状設置されているものを稼働させるとして、あとは扇風機で空間内の風を動かすというか、逃がすことで外から空気を取り込めますので、使わない手はありません。

弱点としては、扇風機が斎場になじむのかどうか、なのですが、案外、なじみます。

 
といっても、その現場を見たことはありませんが、当社は原稿作成業務のほかレンタル事業を保有しており、業務用の扇風機(しかも、業務用にしてはスタイリッシュなもの)を、一般の方が聞いたらドン引きするくらい持っています。
そのビジュアルは、工事用ではなく、会議室や会場、斎場にもなじむと言いますか、そんなに主張しないものですので、大丈夫ではないかなと思います。

下記に実物の写真がありますので、よろしければご覧ください。

業務用扇風機のレンタルサービス
https://www.roumu-p.com/fan/
 ※当社の別サイトに飛びます。

 
いずれにしても、お別れ会や社葬なら延期できますが、ご葬儀の延期はなかなか難しく、コロナに気を付けながらやっていくことになるのかなと思います。

気が付けば、ずいぶんと難しい世の中になったものです。
(まあコロナ前から、いろいろ難しくなっていますが。社会の成熟ってなんやねんという話です)

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「納品までの流れ」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

代表者

代表者の西山でございます。
弔辞の森では、弔辞・おくやみ文の原稿作成、用紙への筆書きサービスをご提供しております。もし弔辞作成にご不便をお感じでしたら、お気兼ねなくご連絡ください。丁寧に、温かくご対応させていただきます。

 

弔辞の奉書紙への筆書き