弔辞の代筆サービス専門 弔辞の森

弔辞 突然の訃報に何を思う?

time 2018/09/07

今まさにあなたが思っていることが正解です。
弔辞の代筆専門「弔辞の森」が、実際の作成の経験をもとにアドバイスをお送りするシリーズ。
 
今回は、
 
突然の訃報に何を思う?
 
です。
 
急に飛び込んできた、大切な人の旅立ち。そのとき人は何を思うでしょうか?
 
なかなか難しいですが、おそらく、以下の4つに大別できるように思います。
 
1、驚き
これは、自分が思っている故人との落差から出てくる感情です。「こないだまでピンピンしてたじゃないか」「体調を崩していると聞いてたが、そんなに具合が悪いとは知らなかった」など。
 
2、真っ白
ショックが大きすぎて、何も考えられない状態の場合。
 
3、真っ青
これから故人と一緒に何かを成し遂げる予定を立てていた場合。逝去のショックと故人と一緒につくる未来がなくなってしまったことの衝撃。
 
4、無反応
故人とさほど付き合いがなかった、懇意にしていなかったことから、訃報を聞いてもさほど感情が大きく揺れ動かない場合。
 
まあしかし、これらはやはり大別のレベルですので、突然の訃報に接したときの気持ちは、ご自分の心に、静かに語りかけて聞いてみるのが最善です。
 
 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「納品までの流れ」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

代表者

代表者の西山でございます。
弔辞の森では、弔辞・おくやみ文の原稿作成、用紙への筆書きサービスをご提供しております。もし弔辞作成にご不便をお感じでしたら、お気兼ねなくご連絡ください。丁寧に、温かくご対応させていただきます。

 

弔辞の奉書紙への筆書き