弔辞の代筆サービス専門 弔辞の森

弔辞の書き出し 3つのテクニック

time 2018/09/04

ご自分で弔辞を作成しようと思っている方が、初めにボールペンを書く手が止まるのは、あるいはパソコンを打つ手が止まるのは、書き出しの部分だと思います。
 
きっと、「スタンダードな書き出しはどのようなものか」とお調べになると思うのですが、ご発表の立場(会社社長や取引先の社長、孫代表や友人代表)で、そのスタンダードは変わってしかるべきですし、なにより、弔辞を発表する人の思い、キャラクターもあります。
 
ですから、これといった答えがあるわけではなく、だからこそ迷ってしまうのだと思います。
 
 
普段、私どもが作成する場合は、おおむね以下の3つに分かれます。
 

  • 1、無難な書き出し
  • 2、重みのある書き出し
  • 3、思いを一気に出す書き出し
  •  
    1については、いわゆる無難な書き出しで、スッと内容に入っていけます。ご要望いただく機会が多いです。
     
    2については、いわゆるドッシリした重厚感のある書き出しです。会社のお取引の関係で社長が述べる際によく用います。
     
    3については、一言でパーンと気持ちがあふれる書き出しです。これは、孫代表や友人代表など、組織の関係性ではなく、個人のお付き合いの色合いが濃い内容のときによく用います。
     
    これらは、私ども「弔辞の森」の書き出し方のテクニックではありますが、あくまでこれらはテクニックであって、一番大切なのは「弔辞を発表する方が故人に対してどのように思っているか」ですので、そこをしっかりと整理したうえで、脚色を施して表現する必要があります。
     
     
     
    「作成サービスの詳細」はこちら
     
    「納品までの流れ」はこちら
     
     
    無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

    お電話の場合:
    073-435-0707
    (10時~18時 土日・祝を除く)

    メールでの無料見積もり:
    メールフォームはこちら
    (クリックすると開きます)

    FAXでの無料見積もり:
    FAXの用紙はこちら
    (ワードファイルが開きます)

    代表者

    代表者の西山でございます。
    弔辞の森では、弔辞・おくやみ文の原稿作成、用紙への筆書きサービスをご提供しております。もし弔辞作成にご不便をお感じでしたら、お気兼ねなくご連絡ください。丁寧に、温かくご対応させていただきます。

     

    弔辞の奉書紙への筆書き