弔辞の代筆サービス専門 弔辞の森

孫代表の弔辞(祖父の葬儀にて)

time 2018/06/22

亡くなった祖父は、典型的な「頑固ジジイ」。怒るとこわくて、近辺の子供たちからも恐れられる存在でした。しかし、それは愛の鞭。祖父は本当は心の優しい、温かい人で、それを理解している孫は、祖父の存在を自慢に思っていました。
葬儀当日、孫は悲しみに暮れながらも、祖父の言葉に背中を押され、前を向こうと自らを奮い立たせます。
この例文では、祖父を失った悲しみを隠すことはせずに、それでも明日に向かって歩もうとする力を込めた内容となっています。

【はじめの挨拶】

今、もしここにじいちゃんがいたら、「男がめそめそするな」と背中を叩いてくれたんでしょう。でも、そうじゃないという事実に、僕の胸には大きな空洞ができたままなんだと思い知らされます。

典型的な「頑固ジジイ」を地でいくじいちゃんは、昔から近所の子供たちに恐れられていました。ピンポンダッシュをされようものなら子供相手でも本気で怒るし、立ち入り禁止の空き地で遊んでいる子を見つけたら首根っこを捕まえるし、おかげで僕までクラスの子たちから「あのおじいさんの家の子だ」と恐がられる始末でした。

でも、じいちゃんのそれがいわゆる愛の鞭というか、怒りたいがためにしていることじゃないというのは、実はみんな知っていました。いつもしかめ面で恐そうでな見た目に反して、本当はとても優しい。転んで泣いている子には迷わず手を差し伸べるし、誰も危ない目にあわないように常に目を光らせている。そんなじいちゃんだから僕は、クラスの子に恐がられても、ちょっとへこんだりはしたけど、恥ずかしいとかイヤだとか、そんなことは思ったことがありませんでした。むしろ、自慢のじいちゃんでした。

去年の春、じいちゃんが倒れたと聞いたときは、僕のほうが先に心臓がとまるんじゃないかと思いました。慌てて実家に帰って、じいちゃんに会って、また心臓がとまるかと思いました。典型的な頑固ジジイ。そのじいちゃんが、なんでこんなに小さく見えるんだろうと不思議で、恐くてしょうがなかった。

でもじいちゃんは、会った途端に泣き出した僕に言いましたね。
「久しぶりに会えたのになんで泣くんじゃ。笑わんか。」
それを聞いた僕がさらに泣くから、じいちゃんは怒って、僕の肩を殴って。その力のなさに、僕はいくら殴られても涙をとめることができなかった。これがあのじいちゃんの拳なのかって。

そのときの感触が、今もまだ残っています。じいちゃんの拳の硬さとか、背中を撫でてくれた手のひらの大きさとか、しわしわな感じとか。感触はあるのにじいちゃんがいないって、何度も泣きそうになるけど、そのたびに「笑わんか」っていうじいちゃんの声も一緒に思い出して、前を向こうって思います。

じいちゃん、寂しいです。悲しいです。こんなことを言って怒られるのはわかっているけど、今日だけは許してください。明日からはまた、顔を上げて笑うから、そして、いつじいちゃんが見てくれていてもいいように、しっかり生きていくから。

それでももし、僕がまためそめそし始めたら、そのときは、昔のような強さの拳で喝を入れてやってください。
じいちゃん、ありがとう。本当に、ありがとうございました。

【締めの言葉】

平成29年 2月15日  孫代表 小松田宗太

※この例文は著作権法で保護されています。

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 


 

代表者

代表者の西山でございます。
弔辞の森では、弔辞・おくやみ文の原稿作成、用紙への筆書きサービスをご提供しております。もし弔辞作成にご不便をお感じでしたら、お気兼ねなくご連絡ください。丁寧に、温かくご対応させていただきます。

 

弔辞の奉書紙への筆書き