弔辞の代筆サービス専門 弔辞の森

社葬の挨拶で伝わる、生前の真剣な付き合い

time 2018/06/09

 

ものづくりに心血を注ぐ者同士の間柄。

いいですよね。それはすごく真剣で、冗談や怠惰が通じる世界ではありません。

ときには取っ組み合いになることも。

 

優れた商品、優れた技術は、真摯に職務に取り組んでいるからこそ、できあがるものだと思います。

 

社葬には、故人と関わりを持ついろんな関係者が参列されます。

 

そのなかで、故人への感謝の思いがとくに強い方が弔辞を述べるとなると、その内容には、強い気持ちが入ります。

 

今回の例文は、当時、即席めんの製造会社の開発担当者出会った方が、故人のもとを訪れて、お取引をしてほしいと請う内容を中心にしています。

 

気難しい職人気質の故人、自分がつくった醤油をカップラーメンに使われるなんてまっぴらごめんだ、という強気の姿勢です。

 

いっぽう、なんとか取引をしたいと願う担当者。

 

父と子くらい離れた年の差だからこそ、何よりその担当者が一生懸命だったからこそ、きっとどこかで自分の若いころと重なる部分があったのでしょう。最後は取引を許諾します。

のちに、その会社は即席めんの業界ではトップシェアとなり、担当者は代表者に就任します。

 

共有できる気持ちがそこにはあり、何より真剣であるからこそ、その感情は社葬式当日も皆様に伝わるのではないかと思います。

 

どうぞご覧ください。

 

社葬での会社社長の弔辞 例文

 

 

代表者

代表者の西山でございます。
弔辞の森では、弔辞・おくやみ文の原稿作成、用紙への筆書きサービスをご提供しております。もし弔辞作成にご不便をお感じでしたら、お気兼ねなくご連絡ください。丁寧に、温かくご対応させていただきます。

 

弔辞の奉書紙への筆書き